Biografie

Nana Okumura

Nana Okumura begann im Alter von 4 Jahren Klavier zu spielen. Sie studierte an der Musashino Academia Musicae(Musashino Musikhochschule) in Tokio bei Prof. Kochi Yamashiro und Prof.Elena Ashkenazy und absolvierte dort mit Auszeichnung. Von 2015 studierte sie an der Hochschule für Musik und Tanz Köln im Master-Klavier bei Prof. Andreas Frölich und hat sie mit Bestnoten absolviert. Von 2019 bis 2021 studierte sie an der Hochschule für Musik und Darstellte Kunst in Frankfurt am Main im Master-Klavierkammermusik bei Prof. Angelika Merkle.

Sie gewann zahlreiche Preise bisher: 

2. Preis beim Asia International Music Competition (2012), 2. Preis beim Maria Hererro International Piano Competition(2016), Preis für die beste Interpretation Spanischer Musik beim Internationalen Klavierwettbewerb "spanish composers" (2016), 2. Preis beim International Piano Competition „Ciudad de Leganés“(2017).

Als Solistin und Kammermusikerin trat sie bereits in Europa und Japan auf.

都立芸術高校(現都立総合芸術高校)音楽科を経て、武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーソ学科卒業。同大学院音楽研究科修士課程ヴィルトゥオーソコースを首席で修了。首席修了生に贈られるクロイツァー賞受賞。在学中ティーチングアシスタントを務めるほか、福井直秋記念奨学金を受給される。

2015年秋より渡独、ドイツ国立ケルン音楽大学修士課程ピアノ科を最優秀の成績で修了。2021年秋フランクフルト音楽大学にてピアノ室内楽科修了。現在、演奏活動及び、デュッセルドルフにて後進の指導にあたっている。

2009年 第16回ヤングアーチストピアノコンクール銀賞

2012年 アジア国際音楽コンクール第2位

2014年 第28回練馬区新人オーディション優秀賞

2016年 Medenusピアノフェスティバル第4位(ドイツ)、Maria Herrero国際ピアノコンクール(スペイン)第2位。ザルツブルグ・モーツァルテム夏期アカデミー(オーストリア)にて最優秀受講生選出コンサートに出演。Ras Lozasスぺイン作曲家国際ピアノコンクール(スペイン)にてスペイン音楽特別賞受賞。

2017年 レガネス国際ピアノコンクール(スペイン)第2位。     

ドイツ、オランダにてリサイタル、演奏会に多数出演。また、武蔵野音楽大学管弦楽団、東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団と共演。 

これまでにピアノを吉川元子、山口幸子、三井美奈子、山城浩一、Elena Aschkenazy、Andreas Frölichに、室内楽をAngelika Merkleに、伴奏法を子安ゆかり、三ツ石潤司の各氏に師事。